Eラーニング

HOME» Eラーニング »【Eラーニング】「人が育つ」とは、どういうことなのか?

Eラーニング

【Eラーニング】「人が育つ」とは、どういうことなのか?

 経営者や人事部門の方とお話しすると、「人材育成が大切だ」とおっしゃいます。
では、具体的にはどのようなことなのでしょうか?
ここをきちんと定義しておかないと、問題は解決しません。

 まず、「言われたことは、きちんとこなす」のが第一段階ですね。
基礎業務を覚え、ちょっとした問題解決を行えること。
そのために、先輩がついて教え、やってみせて、やらせてみる。
ほめてやらねば人は育たず、です。


 この次のステップが、意外と難しいのです。
それは、「自ら学ぶ姿勢を持つ」ということです。

 サラリーマンの中には、「自分は、言われたことだけをやっていればいい」という
感覚の持ち主が少なからずいます。
社長がワンマンで、指示命令を出して、失敗すると怒鳴られるという会社だと、
よりこの傾向が強くなりますが。
大企業であっても、自分の役割・テリトリーから外だと判断した仕事には手を
出さない傾向があります。

 経営者としては、「それぐらい現場で調整してくれよ」と言いたいところですが。
現実問題として、なかなか調整力を発揮する人財が見当たらなくて困っている企業を
多くみてまいりました。


 つまり、「人が育つ」とは。
自分で仕事上の問題を発見し、周囲の協力を得ながら解決できる人財になることです。
これは、主体性、積極性という言葉と大きく関連します。


 新入社員研修を行う会社は、たくさんあります。
マナーや会社の歴史・方針、社会人としての基礎基本を、入社後の4月に行います。
でも、それだけで「人が育つ」ことにはなりません。

 会社から言われて参加する研修というのは、「受け身の研修」です。
本人の意思に関係なく、言われたから行ってみる。
そこで学んだ知識は、実はなかなか実践しにくいのです。
本人がやる気になりにくいからです。


 「最近の若者は」などと、侮ってはいけません。
人生100年時代と言われながら、年金がちゃんともらえるのかどうか分からない世代は。
自分の成長、将来に対して、20世紀の新人よりも貪欲な人が多いです。
ただ、それをあまり表に出さないことが多いだけなのです。


 次の世代の人財育成を行うには。
社員自らが、学ぼうと思える状況を準備してあげることが大切なのです。
準備さえしてあげれば、通勤時間やランチタイムなどの隙間時間でもスマホで
学ぶ若者が増えています。
高額な派遣型研修だけではない、Eラーニングがこれからの基礎知識を学ぶ場と
して、脚光を浴びています。

 特に、「人材の定着」にお悩みの企業においては。
フォローアップ研修の一環として活用していらっしゃいます。


   
 新しい教育スタイル:Eラーニングのご案内


 Eラーニングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージされますか?
講義風景を撮影した、レンタルビデオのような長時間拘束されるものを思い浮かべて
いませんか?


 確かに、これまでの動画を利用したデジタル講義は、30分から40分のものが主体
でした。
ところが、最新の「マイクロラーニング」では内容を凝縮し、3分から5分の動画で
出来ています。コンテンツ内容もプロの講師による要点を押さえたものになっています。

 さらに、受講者が自発的に学べる仕組みとして、コメント機能、バッジ機能など
ゲーム感覚を取り入れています。倍速再生にも対応し、効果的な学習をさらに短時間で、高密度で受けることもできます。

 コンテンツも、IT分野,マナーやコンプライアンスから、財務・経営戦略まで10カテゴリ235の動画を見放題!で、さらに新しいコンテンツが続々追加されています。

 法人契約では、管理機能もついており、社員育成インフラとして多くの企業に採用されています。


 下記にて、無料トライアルもご案内しています。
https://www.myla.jp/trial

 

2019/02/09

Eラーニング

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

官庁・自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

経営者・上級管理職の相談役として

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面