決断力のスキル

HOME» 決断力のスキル »【決断力のスキル】どうやったらできるか?と考え抜く

決断力のスキル

【決断力のスキル】どうやったらできるか?と考え抜く

 一般論で話すのは不適切かもしれませんが、最近は諦めがはやい人が増えているように感じています。

 なんでも検索すれば、その場でなんらかの「答え」が見つかる。
一生懸命努力しなくても、「なんとなく」生活できている。
不安なんだけど、最後は何とかなるという安心感が、日本社会全体に漂っています。

 
 そして、こうした雰囲気の中では、うまくいかないとすぐに諦めてしまうようになります。
せっかく決断したことも、途中でやめてしまったのでは実現できません。
うまくいかないことを、周囲や他人の責任にすることは論外ですが。
諦めてしまうのは、自分との闘いに敗れるということです。


 ノーベル賞を受賞した日本人の方々は、いったん「やる!」と決めたことを決して諦めませんでした。
上手くいかない時でも、「どうやったらできるのか?」と考え続けました。
その結果、人類の進歩に寄与する素晴らしい成果を挙げることができました。

 NHKの朝ドラの主人公たちも、「どうやったらできるのか?」と考え続けた方が主人公になっています。
現在は、チキンラーメンやカップヌードルを開発した、日清食品の安藤百福氏がモデルになった「まんぷく」が放送されています。
何度も投獄され、失敗し、裏切られても、努力を続ける。
その結果、日本どころか世界の麺文化を豊かにすることができました。


 こうした偉人たちだけでなく。
決断した目標に向かって、しっかりと歩みを進めた方は、かならず成功しています。
出来ない言い訳をするのは簡単ですが、「どうやったらできるか?」と考え抜くことで、着想を得たり、周囲からの支援を受けることができるのです。


 苦しいのは、自分一人だけじゃない。
決断したことをしっかりとやり抜くことを積み重ねることで、成功と人間的成長がもたらされると、私も自分の体験から確信をもって言えます。

 

2019/02/03

決断力のスキル

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面