政治や企業の決断事例に学ぶ

HOME» 政治や企業の決断事例に学ぶ »【企業事例】日産自動車は、これからどうなるのか?

政治や企業の決断事例に学ぶ

【企業事例】日産自動車は、これからどうなるのか?

ゴーン氏が去った後の日産自動車は、いったいどうなるのか?
 
報道を見る限り、ゴーン氏が日産を私物化していたのは間違いなさそうです。
役員報酬を虚偽記載するだけでなく。
自分の投資の失敗を、日産に付け替えて負担させようとしていました。
会社に意図的に損害を与える、取締役の特別背任にあたります。
 
誤解しないでいただきたいのですが、ゴーン氏の犯罪とされる行為を容認しているわけではありません。
でも、ゴーン氏だからこそ、日産リバイバルプランが計画で気、実行できたのです。
まさに、ハートグラムの「裁判官」タイプだったからです。
目標に向かって一直線!デキない奴は辞めてしまえ!まずは業績回復だ!
そして、日産は復活しました。
その一方で、ゴーン氏に逆らえない、むしろその意図を忖度して動く人々が出世してゆきました。
主体性のない、言われたことを黙々とする人たちです。
(タイプ診断は、こちらから無料で行っていただけます)
 
ゴーン氏が来る前の日産は、技術力はありながらも、様々なしがらみにからめとられた組織でした。
誰も決断しようとしない、「犬タイプ」ばかりの組織。
だから、業績悪化にハドメがかからなかったのです。
 
そして今。
ゴーン氏が周りに置いたのも、「犬タイプ」ばかりです。
20年前の日産と同じパターンです。
 
ですので、私は日産自動車は混乱を収拾できずに、他社との競争に敗れてゆくと見ています。
ガソリンエンジンから電気自動車へ。
車の所有からシェアリングへ。
日本市場の衰退と、新興国市場の拡大と。
市場環境が大きく変化する中で、決断力が発揮できない人物が日産の経営のかじ取りをすることになりそうだからです。
 
「上にペコペコ、下に偉ぶる」という、最悪のサラリーマン根性役員は、日産にも東芝にも居ました。
トップ一人に責任を負わせて、「自分はトップの指示に従っただけだ」と責任逃れをしています。
その結果、東芝がどうなったのか?
日産も、同じ道をたどると 私は見ています。
(写真はウィキペディアより引用)
2018/12/24

政治や企業の決断事例に学ぶ

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面