決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】自分で考え抜くことの大切さ

決断力養成web講座

【web講座】自分で考え抜くことの大切さ


最近はAI(人工知能)に関する記事やテレビ番組が増えてきましたね。
先日は、健康寿命が長い人は、読書が好きだというAIの分析結果を見て、驚きました。

運動や食事に気を付けるということは、ご理解いただけると思いますが。
ビッグデータを解析すると、本を読むこと健康との関連性が高いことが明らかになったそうです。
人間では解析できない膨大なアンケート結果も、コンピュータの力を借りると思いもよらない分析ができるわけです。


その反面、AIの発展が脅威になっているのが将棋界です。
コンピュータのすさまじい発展により、プロ棋士といえども勝つことが難しい状況になっているそうです。

人間であれば、いくつかの候補手に絞って読みを深めてゆきますが。
コンピュータは、その計算能力ですべての可能性をチェックします。
そして、計算結果を数値化して、効果が高い手を指します。

そして、コンピュータは疲れません。
人間であれば、間違いや思い込み、疲労を避けることができませんが。
コンピュータは、電源さえあれば24時間動き続けます。
こうしたことから、プロ棋士といえども、将棋の研究にAIを活用している方が増えています。
特に、若手は全員が使っているとも言われます。


コンピュータが出した結果が最善だとすれば。
「赤ペン先生」のように、チェックしてもらうという活用方法があります。
そうすると、早く確実に強くなることができるでしょう。

でも、人間同士の対局では。
コンピュータを使ってチェックすることはご法度ですし、勝負師としての誇りが許さないでしょう。

結局のところ、自分で考え抜いて結論を出すしかないのです。
そのためには、コンピュータの力を借りることはあっても、全面的に頼ることはギリギリの勝負所で差がついてしまうことになります。
このことは、多くの棋士が指摘するところでもあります。


人生における決断も、これに同じだと思います。
就職や転職、結婚など。
絶対的な正解が無いところでは、コンピュータの力を借りることがあっても、最後は自分自身で考え抜かなければ、決断できません。
ビジネスにおいても、数値化されたデータは大切ですが、それだけでは重大な決断には難しいものがあります。

AIを活用することは、手段であっても、目的ではない。
普段から、自分の頭で考え抜くトレーニングをしておくこと。
それが健康寿命を長くすることにもつながりますし、後悔しない生き方にもつながると思うのです。

2018/10/15

決断力養成web講座

講演実績はこちら

 

研修実績はこちら

 

●無料診断

webでできる決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

 

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

 

●電子書籍一覧

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面