決断力のスキル

HOME» 決断力のスキル »【決断スキル】情報過多は、決断には却ってマイナス?

決断力のスキル

【決断スキル】情報過多は、決断には却ってマイナス?

今回は、人間の「認知能力の限界」についてお伝えします。

 

あなたは、決断するにあたって、情報は多ければ多いほど良い決断ができる、と思い込んでいませんか?

 

確かに、情報は多いほうが望ましいです。

あとで「しまった!」とならないためにも、情報を集めておくことに越したことはありません。

 

でも、情報は集めた時点から陳腐化してゆくのを、ご存知でしょうか?

統計データや決算情報も、集めた時点では最新のものでも、1年もすれば古くなってしまいます。

そこでまた集めなおし・・・となれば、時間のロスが大きくなります。

 

 

さらには、人間には「認知能力の限界」があります。

一度に情報を認識し、情報間の関係性を整理し、合理的に考えるにがは多すぎる情報そのものが人間の思考能力や判断能力を超えてしまうのです。

ですので、いらない情報はどんどん捨ててゆき、本当に必要な情報とは何か?をしっかりと見抜かなければいけないのです。

 

 

決断とは、問題解決を行うためのもの。

情報とは、問題解決に利用するためのもの。

情報を集めすぎるのではなく、決断に必要な情報がそろったら、思考を始めないといけないのです。

そうしないと、決断のタイミングを逃してしまうことになります。

 

 

あなたが決断するために必要な情報とは、いったいどういうものなのか?

このことを考え、普段から準備しておけば、数は少なくても決断に必要な情報を集めることができ、失敗しない、後悔しない決断ができると思うのですが、いかがでしょうか。

 

下記のパターン診断で、アリタイプ、犬タイプの方は、特にご注意ください。

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/3272

そして、組織で仕事をする場合、部下に過剰な情報収集を要求していないか自問自答することで、結果として使わない情報収集を避けることが必要です。

 

 

2018/02/04

決断力のスキル

講演実績はこちら

 

研修実績はこちら

 

●無料診断

webでできる決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

 

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

 

●電子書籍一覧

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

決断力の動画

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

「持ち味」を活かす経営

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

就活決断力

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面