決断力の構造

HOME» 決断力の構造 »【構造】決断のプロセス(その1)

決断力の構造

【構造】決断のプロセス(その1)

人間は、いつでも合理的に物事を考え、判断しているわけではありません。

人間であるがゆえの間違い、ミス、誤解や錯覚など、陥りやすいトラップについて、どのように対処すればいいか、考えてみましょう。

 

 

決断力の全体構造は、このようになっています。

第一段階は、「記憶の形成」、第二段階が「実際の決断」です。

 

人間は、それまでに見聞きしたことで、記憶を形成しています。

いきなり決断をするのではなく、事前に何らかの関連する記憶を持っているのです。

 

Factor:こういう事実がある、こういう経験をした、ということで、あなたの脳と体が事実体験をします。

そこから、System:なろほど、こういう仕組みで動いているのだな、こうすればいいのだな、こうすればうまくいかないのだな、ということを知り、認識します。

 

その結果を、Memory:記憶として脳にしまい込みます。

こうすればうまくいく、こうすれば失敗する。

いいことも悪いことも、記憶するのです。

 

 

第二段階では、実際に決断する場面に直面したときです。

 

Input:こういう状況に至った、こういう情報がある、と、インプットされます。

外部的に与えられた情報だけでなく、過去の記憶や知識も動員されます。

 

そして、Model:あなたなりの思考モデルが働き始めます。

情報を知覚、認識して。

論理的に考えようとしますが、感情が邪魔をすることもあります。

 

モデルに影響を及ぼすMind:心の動きがあります。

第三者などからの、社会的圧力もありますし。

達成したい!という意欲の強弱もあります。

 

 

そして、Outoutとして決断・実行があります。

実行がうまくいくためには、Humanity:人間性が大きな役割を果たすこともあります。

特に、対人関係や経営者・管理職として人を動かす場合には、人間性次第で協力の得られ方が大きく異なります。

 

 

この図は、コンピュータがどのように情報を認識して、計算し、出力するかのフローチャートを参考に作成しました。

 

人間とコンピュータはよく対比されますが、人間ならではの決断のプロセスが、2つあります。

MindとHumanityです。

 

コンピュータには感情が無く、人間は感情を切り離して物事を考えることができません。

同じデータを認識しても、論理と感情のパターンの違いで、異なる決断をするのが

人間です。

 

次回以降で、人間ならではの陥りやすい罠について、お伝えしてまいります。

2018/02/03

決断力の構造

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面