決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】職責に応じた決断ができる組織は、強くてしなやか!

決断力養成web講座

【web講座】職責に応じた決断ができる組織は、強くてしなやか!


 組織には、いろいろなパターンがありますよね。
もちろん、それぞれの状況に応じてトップダウン型、ボトムアップ型、ミドル
アップダウン型、これらのミックス型など。
どれがいいか悪いかは、一概には言えません。

 

 ただ、一つだけいえること。
組織のメンバーが、職責に応じた決断ができる組織は、強くてしなやかです。
変化対応力と、パワーの発揮の両方ができるのです。

 

 よく誤解されるのですが。
経営者に決断力をつけていただくのが、私の意図するところではありません。
職責に応じた決断ができる組織になるよう、社員・スタッフに働きかけていただく
ことが大切だと申し上げております。


 特に中小企業であれば、社長が決断することは多岐にわたります。
日々決断を実践されていらっしゃるわけですから、「今更なんで?」ということ
ですよね。
自分の決断力に自信をお持ちの方も多いので、ややもするとワンマン経営になって
しまいがちになります。


 中小企業経営者個人への、私のお役立ちとしては 
決断のプロセスを整理し、不足している情報を補い、多様な視点をご提供すること。
「決断にあたっての相談役」のようなポジションです。

 


 大切なのは、「組織で仕事を進める」ということ。
なんでもかんでも社長が決断せざるを得ない組織は、短期的には良くても、長続き
しません。
決断とは「変化対応力」ですので、なんでもかんでもトップが決めていると、部下は
自分で決断するリスク(=失敗、叱責)を恐れ、首をすくめた亀のように 大過なく
日々を過ごすことに汲々となります。


 私の経験では、最大で2万人の組織をワンマン経営で引っ張っていた経営者がいます。
組織の隅々にまで目を配り、的確な指示を出し、業績を伸ばしました。


でも、自分の意見に合わない部下をだんだんと外に追い出し。
イエスマンばかりが周りを取り囲み、一番従順な人が後継者になり。
その後、この組織は機能別に分割され、外部資本の傘下に組み入れられてしまいました。

 


 職責に応じた決断ができる組織は、強みを発揮できます。
そして、変化対応力にも優れています。
「変化が激しい時代」という言葉は聞き飽きるほど多用されますが。
トップだけが変化に対応していたのでは、間に合わないのです。


 職責に応じた決断ができる管理職・職場リーダーを、いかに育てるか。
私のお役立ちは、まさにこうした人財育成なのです。

2017/03/04

決断力養成web講座

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面