決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】数字化するのは、モノとコトに限定する

決断力養成web講座

【web講座】数字化するのは、モノとコトに限定する

「数字力」についての注意点。
それは、「モノ」と「コト」に限定してお使いいただきたい、ということです。
間違っても、「ヒト」について数字化することは避けましょう。


数字というのは、「客観性」が強く出ます。
数字そのものに意味は無くても、デジタルなイメージを持たれてしまいます。
ビジネスにおいてはとても大切なことなのですが、人間というのは感情の生き物。
数字や論理が正しいからと言って、それですぐに納得するものではありません。
むしろ、「自分の感情を受け止めてくれた」と思えることで、納得する場面も多いです。

たとえば、勤務先で人事評価を行う場合でも。
10人の部下が居れば、1番から10番をつけないといけません。
これがなかなか辛いものですよね。

人事に提出する資料には番号を付けたとしても、部下個人に順位を示す必要はありません。
「よく頑張ってくれた」とか、「今年はもうひとつかもしれないが、来年は期待している」などと、アナログな言い方でないと角が立ちます。
よく、「グレード」と称してABCでフィードバックするのも、そのためです。
また、部下からの言い分にも、上司としての評価を変える必要なありませんが、耳を傾けるだけでも部下は納得することが多いです。


販売実績や予算金額は、数字化することでわかりやすくなり、比較し、共有できるようになりますが。
人間に関することは、細心の注意が必要です。
仮に数字化したとしても、相手には絶対に伝えない方がうまくゆくことが多いです。

2015/05/25

決断力養成web講座

講演実績はこちら

 

研修実績はこちら

 

●無料診断

webでできる決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

 

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

 

●電子書籍一覧

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

官庁・自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面