決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】「総合的に判断」は「好き嫌いで判断」という意味である

決断力養成web講座

【web講座】「総合的に判断」は「好き嫌いで判断」という意味である

最近特に、「総合的に判断する」ということが言われますね。

企業の採用ばかりでなく。
大学入試にまで、「総合的な判断」が持ち込まれています。
点数だけで判断するのは、個人の人間性を否定するものだ、などと言われますが。
これって、ほんとうにそうなのでしょうか?


何かテストをして採点し。
それを順番に並べれば。
誰が合格で誰が不合格か、明快にわかります。
点数が多いほど、いいわけですから。

でも、「総合的」と言われると。
点数化することになじまないことも、判断基準に入ってきます。

点数化できないということは。
判断する人の「好み」が入り込むということです。

勉学のデキるできないを「好む」人もいます。
リーダーシップを「好む」人もいます。
協調性を「好む」人もいます。
声の大きさを「好む」人もいます。
着実な実務能力を「好む」人もいます。
従順さを「好む」人もいます。
全部が全部そろっている人材なんて、この世に存在しません。
もし存在したとしても、それはきわめて少数です。

「総合的」とは、「点数化」できないことの裏返し。
点数化できないことは、「好み」でしか決めようがありません。


ということは。
「論理」ではなく、「感情」で判断・決断していることと同じことです。

「感情」で決めると言われると、それはイケナイことだと言われそうですよね。
でも、「総合的」とは、個人によって解釈が違います。
ということは、個人の「好み」=「感情」で決めていることになりませんか?


私は、「総合的」とか「感情で決める」ということを、を決して否定しているわけではありません。
「総合的」という、一見まことしやかに思われる判断・決断の基準が。
実は、「感情」が左右しているということを指摘しておきたいのです。
 

2015/05/25

決断力養成web講座

講演実績はこちら

 

研修実績はこちら

 

●無料診断

webでできる決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

 

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

 

●電子書籍一覧

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

官庁・自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面