歴史に学ぶ決断力

HOME» 歴史に学ぶ決断力 »【歴史に学ぶ】武田信玄と上杉謙信の決断パターンの違い

歴史に学ぶ決断力

【歴史に学ぶ】武田信玄と上杉謙信の決断パターンの違い

1から9までの合計は、いくらになるでしょう。
時間さえかければ、どなたにでも解ける算数ですね。


高校生の頃、新田次郎の「武田信玄」の中、同じ問いがありました。
山本勘助が、武田信玄に向かって発した問いです。

このとき、信玄は1+2+3・・・と計算して、45と答えたそうです。
常道の足し算による計算方法ですよね。

勘助は、同じ問いを上杉謙信に対しても発したことがあるそうです。
その時、謙信はほぼ即答で45と答えたのだとか。

1から9までの真ん中にある数字は5。
1から9までの数は9個。
だから、5×9=45が答えである、と。
掛け算を使っての答え方です。


信玄の計算のスピードは、常人以上なのですが。
それでも、謙信の計算方法には及びません。

どちらがいい、悪いでは無く。
ただ単に、違うのです。


信玄の計算方法は、間違いがありません。
時間はかかっても、確実に答えにたどり着くことが出来ます。
誰にでもできますし、わかりやすいです。

謙信の計算方法は、とても迅速です。
ですが、一歩間違えれば危険ですし、誰にでも出来るものではありません。
天才だからこそ、出来る「技」なのです。


二人の決断パターンも、この計算方法が反映されています。
大激戦だった、第四次川中島の戦いで。
夜陰にまぎれて妻女山からおりた謙信。
別働隊を向かわせながらも、正攻法で挑んだ信玄。
天才的な奇策を用いるのか、常道でじっくり攻めるのか。
結局は、引き分けに終わりました。



決断のパターンは、人それぞれ。
良し悪しではなく、ただ単に違うのです。
計算方法からも、読み取ることが出来るのです。

 

2015/05/25

歴史に学ぶ決断力

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面