決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】数字力とビジネスとの関係は?

決断力養成web講座

【web講座】数字力とビジネスとの関係は?

数字力って、ビジネスに関係ありそうだと「なんとなく」感じていらっしゃると思います。
今日は、このことを明確にしておきたいと思います。

私たちの日常生活は、基本的に「アナログ」の世界です。
会話はもちろんのこと、思考も嗜好も、アナログです。
もちろん、それでいいのです。

ところが、ビジネスをするとなると。
「デジタル」化することで、情報の取り扱いが容易になります。
お客様の要望も、単価、数量、納期などをデジタル化しないと、受発注や生産に結びつきません。
色の好みなどでも、色調を明確にすることで、工業化できます。
売上や利益、決算といったことの前に、まずビジネスとは「デジタル化」することだと言えるでしょう。

そして、お客様にお届けする時には再度「アナログ」に変換しないといけません。
お客様は感覚で物事を感じ取ります。
デジタルのデータでは、脳に入りにくいです。
気温の変化でさえ、季節によって体感温度が変わります。
今の時期の15度は暖かく感じますが、真夏の15度は寒さを通り越して痛いくらいでしょう。
デジタルな絶対値では、人間は物事を判断できにくいのです。


つまり、アナログとデジタルを何度も往復すること。
これがビジネスの要諦なのです。
そのためには、物事を数字に置き換える、数字を物事に置き換えることが素早くきちんとできること。
数字力を高めるということは、ビジネススキルを高めることと同じ意味なのです。

私も多くのビジネスパーソンを見てまいりました。

優秀なビジネスパーソンは、営業マンであれ技術者であれ、数字を取り扱うことがとても上手でした。

自分の専門職能としてのスキルはもとより。

自分が関係する数字、たとえば得意先の売り上げ推移、自社やライバルの製品性能、組織の人数だけでなく予算などをきちんと覚えていて、自在に取り扱っていました。

 

数字で物事を把握して、会話する。

アナログとデジタルを自在に扱える人が、ビジネスでは成功します。

2015/05/25

決断力養成web講座

講演実績はこちら

 

研修実績はこちら

 

●無料診断

webでできる決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

 

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

 

●電子書籍一覧

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

官庁・自治体研修

受講者の声

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪本社
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面