決断力養成web講座

HOME» 決断力養成web講座 »【web講座】まずは会話を数字化することから始めよう

決断力養成web講座

【web講座】まずは会話を数字化することから始めよう

数字力を高めるためには。
会話を数字化することから始めると、いいと思います。


私たちの日常会話は、感覚を中心とした「アナログ」です。
もちろん、それはそれでいいのですが。
ビジネスでも同じようにアナログ中心の会話をしていると、時々行き違いが生じます。

たとえば。
「朝一番でうち合わせしましょう」なんてことを、よく言います。
でも、会社の始業時間によって微妙に違いがあるのですよね。
そして、出勤したらメール見て、部下に指示出して、それから書類を片付けて。
そうこうしていたら、30分なんてあっという間です。
そんなときにお客様や他部署の方に来られても困ります。
それならば、「9時半から打ち合わせしましょう」と言うべきなのです。

アナログ情報は、個人によって受け止め方が変わります。
企業、文化によっても違います。
インドネシアには「kira-kira」という言葉があります。
日本語では「だいたい」という意味なのですが。
「kira-kira 12時」と言うと、11時から13時までが含まれるそうです。
これは、日本人の時間間隔とは大きな違いですよね。

かほどに違う「アナログ」情報であれば。
ビジネスで使う「デジタル」化の持つ意味は大きいです。

 

たとえば、「ものすごい雨が降っています!」という表現も。

時間当たり降水量の置き換えないと、市役所の下水道課は動くことができません。

時間当たり20ミリの雨でも、個人にとっては「ものすごい雨」です。

でも、下水道課は動きません。

時間当たり50ミリの雨になると、下水道課の職員は待機します。

それは、下水道の配管直径が時間当たり50ミリの雨に耐えられるように埋設されているからです。

あなたの仕事でも、この例と似たようなことがあると思います。


まずは、ビジネス会話はできるだけ数字に置き換えてみること。
数字力を高めるための、第一歩です。

2015/05/25

決断力養成web講座

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面