決断力の構造

HOME» 決断力の構造 »これが決断力の構造だ!

決断力の構造

これが決断力の構造だ!

決断力の構造は、このようになっていると、弊社では考えています。

一番下の基礎構造として、個人においての人生哲学や人間観があります。

企業の場合は、経営理念やビジョン・ミッションということになります。

何を大切に考え、行動しているのか?

これが 決断する場合の根本にあるのです。

 

その上の二番目として、「価値観」と「決断パターン」があります。

私が行う研修やセミナーでは、価値観や決断パターン診断をいたします。

人生哲学や人間観、経営理念は不変ですが、価値観や決断パターンは5年くらいで変化することがあります。

何を大切に考えているのか、どのような思考・行動様式を好むのかは、立場や環境、人間関係に影響されることがあるのです。

 

三番目には「準備」があります。

決断する場面に直面しても、すぐに決断することはできません。

あらかじめ「準備」をしておかないと、正しい決断がすみやかにできるとは限らないのです。

準備すべきこととは、何を決断するのか、そのために必要な情報はなんなのか、判断基準はなんなのかを明確にしておくことです。

 

そのうえに、決断の三要素としてのスピード、プロセス、クオリティがあります。

こちらは、別途解説いたします。

 

こうした3つの土台、3つの柱の上に、「決断力」が乗っかっているのです。

そして、決断して、実行して、ワンサイクルです。

 

2015/05/23

決断力の構造

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面