歴史に学ぶ決断力

HOME» 歴史に学ぶ決断力 »【歴史に学ぶ】WIN-WINではなく、三方よしの精神で

歴史に学ぶ決断力

【歴史に学ぶ】WIN-WINではなく、三方よしの精神で

 
 
 
  最近のビジネス用語として「WIN-WIN」という言葉がよく使われます。
 私も利益を得るし、あなたも利益を得る。
 力を合わせて、お互いのメリットを追求しましょう、という考え方です。
 「自分さえよければそれでいい」という考え方よりは、随分まともです。
 
 
  でも、本当にそれだけでいいのでしょうか? 
 これでもまだ視野が狭いと思うのです。
 
 
  ビジネスとは。
 売り手の言い分や適正利益にも配慮し、世間にも受け入れられることが大切です。
 
 
  ここで思い出されるのは、近江商人の智慧です。
 近江商人は、大坂商人・伊勢商人と並ぶ日本三大商人の一つ。
「近江の千両天秤」という諺もあるように、近江(滋賀県)に本店を置き、天秤棒を
 担いで日本各地を行商し、豪商へと成長したことで知られています。
 現在の伊藤忠商事や丸紅をはじめ、近代企業へと発展した例もたくさんあります。
 
 
  その近江商人の活動理念として有名なのが「売り手よし 買い手よし 世間よし」。
 いわゆる「三方よし」の精神です。
 
 
 お客様(買い手)に喜んでもらうことはもちろん、世間への貢献ができてこそ良い
 商売であるという考え方であり、現代的に言えば社会との関わりを重視するソー
 シャルマーケティングの視野にも立っています。
 
  他国というアウェーで商行為を行い、地盤を築いていった近江商人だからこそ。
 ほんとうの信頼を得て商売を成功させるためには、私利私欲の為だけでなく その
 地域のことを心から想い、地域に貢献することが必要であるという考え方に至った
 のだと思います。
 
 
  経済のグローバル化が進む今日だからこそ。
 資本の論理ももちろん大切ですが、その土地その土地に住む人々に受け入れられる
 「商売」が大切なのではないでしょうか。
2015/01/14

歴史に学ぶ決断力

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面