歴史に学ぶ決断力

HOME» 歴史に学ぶ決断力 »【歴史に学ぶ】徳川慶喜の「朝敵にならない」決断力

歴史に学ぶ決断力

【歴史に学ぶ】徳川慶喜の「朝敵にならない」決断力

徳川慶喜の価値観。
「絶対に朝敵にはならない」

徳川慶喜が徹底抗戦していたら、日本の近代化は5年は遅れたことでしょう。
鳥羽伏見の戦いで敗れても。
大阪城での籠城戦。
箱根の天嶮で足止めして、駿河湾に幕府艦隊を派遣して砲撃する。
江戸城での籠城戦。
どれをとっても、大変な戦いになったことでしょう。
多くの人命が失われ、江戸や大坂が焼野原になってしまいます。

慶喜は「絶対に朝敵にはなりたくない」という価値観を持っていました。
尊王思想の大本山ともいえる水戸家で育ち。
父斉昭は強烈な尊王家でした。
母は、有栖川宮家出身の女王でした。

そんな彼にとって、「朝敵」とは一番耐え難い苦痛でした。
武士であること、将軍であること、徳川家を守ることよりも優先したのです。

だから、鳥羽伏見の戦いで錦の御旗が翻った時から。
徹底して恭順姿勢を貫くことを決断し、実行しました。
おかげで、日本の近代化がスムーズに進んだとも言えます。

明治31年、慶喜夫妻は皇居に招かれ、明治天皇夫妻に謁見します。
朝敵の汚名が雪がれた瞬間でした。



2014/12/27

歴史に学ぶ決断力

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面