歴史に学ぶ決断力

HOME» 歴史に学ぶ決断力 »【歴史に学ぶ】古田織部に学ぶ ビジネスに必要な要素とは

歴史に学ぶ決断力

【歴史に学ぶ】古田織部に学ぶ ビジネスに必要な要素とは

 安土桃山時代の茶人大名 古田織部の言葉。

「真の数寄者になるには、覚悟、創意、手柄が必要」
古田織部は、晩年期には天皇や将軍に茶道指南を行うほどの力を持っていました。
 

私の解釈だが。
「覚悟」とは、自立心であり、アイデンティティである。
自分の好みをしっかりと定義し、他人の評価に右往左往しないこと。
己の価値観を明確にすることである。

「創意」とは、独自性であり、オリジナリティの発揮である。
先人が創った美や様式、作法に縛られ過ぎることなく。
新しい形、様式、美を 世に出すことである。

「手柄」とは、実績であり、ファンである。
単に世に出すだけなら、財力や権力があれば出来る。
自分の創意が世間に受け入れられ、一緒に喜んでくれる人がどれほど居るか。
押し付けるのではなく、楽しむ人が居ることである。

よくよく考えると、現代ビジネスもこれと同じ。
起業の趣旨。
製品やサービス。
お客様や実績。
全部揃わないと、成功したとは言えないだろう。

奥が深い言葉である。

2014/11/13

歴史に学ぶ決断力

講演実績はこちら

研修実績はこちら

○研修動画はこちら

 

●無料診断

決断力診断!

33の問いにお答えください

決断パターン診断(新作)

25の問いにお答えください

ビジネスコミュニケーション診断

(ハートグラム)

25の問いにお答えください

 

●公開セミナー一覧

●研修プログラム一覧

●研修ツールの販売

 持ち味カード 

 ハートグラムカード 

●Amazon書籍一覧

最新情報

Eラーニング

公開セミナー

上司を補佐し、会社に利益をもたらす人財を育てる研修

官庁・自治体研修

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

決断力の動画

受講者の声

実績

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

40代の危機を乗り越える決断力

「持ち味」を活かす経営

持ち味の事例紹介

決断力のスキル

経営者・上級管理職の相談役として

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

株式会社決断力 会社情報

就活決断力

私が応援する方々(リンク)

決断力の基盤:ビジネス会計

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303


takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

 

管理画面