政治や企業の決断事例に学ぶ

HOME» 政治や企業の決断事例に学ぶ »【企業事例】東芝の決算発表延期問題に見る「組織としての決断力」

政治や企業の決断事例に学ぶ

【企業事例】東芝の決算発表延期問題に見る「組織としての決断力」

 東芝は、ここ数年 不正会計問題、原子力発電事業の損失などで屋台骨が大きく揺らいでいます。

 

 個別の事情は、他の方々の記事などに委ねるとして。
上場企業として、経営の結果を公表する義務がある企業としては、異例の決算発表延期を続けています。

 

 本来発表するはずだった2017年2月14日から、1ケ月延期して。
3月14日からも、1ケ月延期して。
4月14日の発表は、監査法人の意見書無しでの発表を強行しました。


 監査法人の意見書とは、この決算が妥当な会計手続きに従って作成されたことを保証するオスミツキです。
東芝の場合、アメリカの原発事業子会社において、経営陣から利益をかさ上げする「不適切なプレッシャー」があったのではないか?という点で監査法人の疑念を
晴らすことができたいないために、意見書を得られていません。
つまり、東芝の決算書の利益は、第三者として正しいと保証できないということになります。


 株式会社とは、法的には株主のものということになっています。
上場企業として、市場から資金を調達するのであれば。
会社の決算情報を正しい手続きで後悔して、公正な価格で株式取引ができるようにするのが、会社側の義務です。
正しくない情報に基づいて株を売買して、損失を被るのであれば株主は浮かばれません。

 

 私は、個人的には株式会社は株主だけのものでは無いと考えています。
従業員が働き、顧客が商品やサービスを購入し、取引先、自治体など社会に支えられてこそ会社は存続することができます。
お金を出しているからと言って、それが全てだとは、特に日本の場合にはあまり当てはまらないように思うのです。


 でも、少なくとも、サラリーマン経営者のためのものでは無いと思います。
数万株程度は「義務的に」会社の株式を購入してはいますが。
一般株主と同列に扱うことは、できるはずもありません。

 

 なのに、どうしてオスミツキ無しの決算書を発表するという決断というか暴挙に踏み切ったのか?
社内事情を優先した、組織防衛のための決断だと、私は見ています。


 決算発表の再々延期となれば、株式の上場基準に抵触します。
無価値になるわけではありませんが、市場で自由に売買することができなくなります。
上場企業という信用も失われ、取引や社員採用などで、不利益を被るリスクが大きくなります。


 そして、経営陣としては。
今の立場にまで出世させてくれた先輩経営者への、恩義があります。
大企業に勤めるサラリーマンの目標は、出世が重要な位置づけにあります。
正しい決算を発表するよりも、法的な責任を全うするよりも。
会社組織を守り、先輩への恩義を果たすことの方が優先される価値観だったりします。


 第三者的には、社会的にはおかしいと思うような決断と行動も。
ある特定の環境、事情のもとでは、正当化されてしまうこともある。
今回の東芝の決算発表強行は、このことを教えてくれたように

思います。

 

 このような経営者を輩出しないように。
私自身のお役立ちも、スタイルを革めたいと思います。


 具体的には。
経営幹部としての「求められる行動パターン」の診断手法を導入すること。

決断力研修において、組織内での同調圧力に屈しないための思考と行動について、
ワークショップ形式でディスカッションすること。

そして、個人コンサルティングを通じたトレーニングとフォローアップを。
  
今後、このような取り組みを加速してまいります。

2017/04/30

政治や企業の決断事例に学ぶ

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

決断力の動画

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

「持ち味」を活かす経営

AI(人工知能)と人間の決断力

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

就活決断力

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面