政治や企業の決断事例に学ぶ

HOME» 政治や企業の決断事例に学ぶ »【政治事例】マイナス金利導入を決断した日本銀行の思惑

政治や企業の決断事例に学ぶ

【政治事例】マイナス金利導入を決断した日本銀行の思惑

お金を借りたら利息を払うのは、常識中の常識。
でも、お金を貸すと利息を取られる、お金を借りると利息がもらえるのが、マイナス金利の意味です。

すでに、様々な形で「マイナス金利」とは?という報道がなされています。
個人の銀行預金がマイナスになるわけではありません、ということで、個人の不安を鎮静化させています。


今年は、戦後初の大初会から6日連続の株価下落。
中国経済の減速、石油価格の30ドル割れなど、世界経済の減速リスクに、投資家は敏感になっていました。

外国為替市場も、相対的に低リスクとみられた円が買われる動きが強まり。
1ドル=120円を突破し、輸出企業の業績に影響が出るのでは?という懸念が強まり、日本の株価も低迷していました。


そこで、日銀は思い切ったサプライズを出すことで、市場にメッセージを発しました。
一般の銀行が日本銀行に預けている余剰資金について、マイナス金利を導入する、という決断です。
これで、株価の上昇と円相場のこれ以上の円高を防ぐ狙いでした。


ところが。
実施直後の2日間は、株価も円相場も日銀の思惑通りに動きましたが。
2週間を過ぎてみれば、円相場は115円を突破し、日経平均株価は年初来安値を更新するあり様です。
日銀の思惑は、全く外れてしまったと言っていいでしょう。

 

私は、これから銀行の経営に影響が出てくると考えています。


今、日本の銀行は貸出先の開拓に悩んでいます。
日本国内での資金需要=企業の借り入れ需要が、減少しているからです。

製造業が工場を建設するのは、海外が中心になっています。
東日本大震災が契機となった省エネ投資も一巡しました。

外国人観光客のインバウンド効果で、ホテル需要は増加していますが。
小売・サービス業は、製造業ほどは資金需要がありません。

一方、個人向け貸し出しでは。
人口減少と家余りで、住宅着工件数が減少しています。
リフォーム需要は増加中ですが、新築に比べると手間がかかる上に、総額が少ない。
まさに、資金の借り手が少ない=金利の低下が起こっていました。


マイナス金利政策とは、銀行に「もっと貸し出しを増やせ!」という政策です。
でも、資金需要が低迷しているうえに、金利を下げなければいけません。
金利がプラスの状態であれば、銀行は日本銀行に資金を預けていれば利息を貰えましたが。
貸し出しを増やさないと、マイナス金利という「ペナルティ」を課せられます。


そうなると、銀行経営は苦しくなります。
貸し出しを増やそうと思っても、借り手がいない。
しかも、金利(=銀行の収入)が少なくなる。
これは困ったことになります。


ということは。
銀行は、貸出金利以外の収入を増やすほかありません。

たとえば。
振込手数料を値上げする、各種証明書などの手数料を値上げする。
住宅ローン金利も、過度なキャンペーンをとりやめる。
変動金利とはいえ、実は表面利率を変えずに、期間限定キャンペーンとして優遇金利を設定しているのが現状ですから。
本来の「変動金利」とは全然違うのが、今の実態です。


そうなると。
私達の生活や企業経営にも「値上げ」の影響が出てきます。
マイナス金利という状態が長く続くと、そうせざるを得ない状況が生まれそうです。

 一方、定期預金金利の見直しも進んでいくと思います。
すでに、みずほ銀行では 普通預金から10年物定期預金までが同じ金利になりました!
(0.025%)


これまでの「常識」を打ち破る決断は、思いもよらないところで影響が出ることがあります。
今回のマイナス金利導入も、銀行経営の不安定さが増し、手数料アップを通じた社会生活への影響がでてくるのか、注目しています。

2016/12/24

政治や企業の決断事例に学ぶ

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

決断力の動画

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

「持ち味」を活かす経営

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

就活決断力

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面