歴史に学ぶ決断力

HOME» 歴史に学ぶ決断力 »【歴史に学ぶ】真田幸村の生き方に清々しさを感じる理由は、決断力にあった!

歴史に学ぶ決断力

【歴史に学ぶ】真田幸村の生き方に清々しさを感じる理由は、決断力にあった!

 真田三代の生き方に清々しさを感じる理由は、決断力にあった!


 真田三代とは、真田幸綱(幸隆)、昌幸、信之・信繁(幸村)兄弟を指します。
信濃と上野にまたがる、小さな地方領主として、戦国時代を生き延びました。
名前をカッコ書きしているのは、古文書などで確認できる本名と、人口に膾炙した
通名との違いを表しています。
(「真田丸」では、真田幸村を本名の「信繁」で描くようですね)


 真田三代それぞれの事績を、簡単に表してみます。

幸綱(幸隆)・・・旧領回復
         武田家臣の先方衆として重きをなす

昌幸    ・・・武田信玄に「わが二つの眼」と呼ばれた(知恵袋の意味)
         上田城で徳川軍に2度も勝つ

信繁(幸村)・・・大坂の陣で武名を残す

信之(信幸)・・・大名として松代藩を残す

それぞれに、乱世の厳しい状況を、知恵と才覚で乗り切ったのです。
特に、信繁(幸村)の事績は、徳川家が支配する時代にあっても 庶民に親しまれて
きたのです。
源義経と真田幸村の名前は、敗者への同情という点では共通していますが、清々しさ
という点では大きく異なると思います。

 

 では、人々が真田三代の生き方に「清々しさ」を感じるのはなぜか?
それは、自分の人生に後悔していないことだと思うのです。


戦国の世に、地方の小領主として数々の試練に直面しても。
利害損得もさることながら、自らの「価値観」に従い、決断し、行動する。
結果や第三者の評価はさておき、その心に一点の曇りも感じられないからではないで
しょうか?


 人間、自分で決断しなかったことは後悔します。
真田三代それぞれの生き方には、後悔がありません。
たとえ昌幸のように蟄居先で亡くなっても、信繁のように戦死しても。
信之のように、93歳で亡くなる直前まで 藩内の統治をせざるを得なくなっても。


 では、どうすれば 後悔しない生き方が出来るのか?
私は、この秘訣をあなたに お伝えしたいのです。

 

秘訣をお伝えするセミナーのお申込みはこちらです。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4179

2016/01/22

歴史に学ぶ決断力

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

決断力の動画

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

「持ち味」を活かす経営

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

40代の危機を乗り越える決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

コラム

就活決断力

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面