コラム

HOME» コラム »【コラム】日本の学校教育に欠けている「決断力教育」

コラム

【コラム】日本の学校教育に欠けている「決断力教育」

 

 最近、季節商品ビジネスのスタート時期が ずいぶん前倒しされましたね。

私も、50%オフにつられて 年賀状印刷を発注しました。

 

おかげで、12月にやるつもりだった2015年に頂いた名刺を住所録管理ソフト
への入力作業を大幅に前倒しすることになりました。
枚数確認のためです。


 そして、年賀状はすでに発注いたしました。
印刷業者も、消費者も、お互いにメリットがある「季節商品ビジネスの前倒し」。
これから、いろいろと広がるのでしょうね。

  
 日本の学校教育については、様々な問題点が指摘されてきました。

 知識偏重から、考える力重視へ。
学力重視から、ゆとり教育へ。そしてその反省と揺り戻し。
でも、結局のところ「お勉強」とは知識を詰め込むことであることには、変わりが
ありません。


 知識は、もちろん大切です。
「よみ 書き、そろばん」に代表される基礎学力の大切さは、今も昔も変わりません。
基本的な学力が無いと、社会生活を営むことができません。
プラスアルファで、専門教育による知識も大切なのは、もちろんです。


 でも、知識をいくら詰め込んでも。
決断力が無ければ、知識は無駄になります。

そして、決断力が無い、無責任なトップによる弊害は、最近特に目立ちます


 私は、サラリーマン時代に 東京大学を卒業し、会社の留学生としてアメリカの
大学院で2年間学んだ上司に仕えたことがあります。
彼は、知識は豊富でしたが、決断力はゼロでした。
他人の意見を批判したり、不足を指摘するのですが。
では、どうすればいいのかの決断は、決してしませんでした。
そういう場面から逃げ回っていたのです。

 

 豊臣秀吉や松下幸之助には、知識は無くても決断力がありました。
だからこそ、一代で途方もない成功を収めることができたのです。


 金融商品に対する教育と併せて。
日本の学校教育には、自ら考えて行動する、責任をきちんと

明確にする、といった「決断力教育」も必要だと思うのです。

2015/10/20

コラム

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

決断力の動画

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

自治体研修

女性管理職・士業の方へ

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

「持ち味」を活かす経営

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

40代の危機を乗り越える決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

Yesを引き出すビジネスコミュニケーション(ハートグラム)

就活決断力

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面