政治や企業の決断事例に学ぶ

HOME» 政治や企業の決断事例に学ぶ »【企業事例】三菱自動車の燃費不正問題に観る「経営理念は企業の決断の軸」

政治や企業の決断事例に学ぶ

政治や企業の決断事例に学ぶ 記事一覧

【企業事例】三菱自動車の燃費不正問題に観る「経営理念は企業の決断の軸」

経営理念を掲げている企業は、たくさんあります。 経営理念は、創業者が事業を起こすにあたっての想いを掲げたもの。 社内に掲示したり、朝礼などで唱和したりして、従業員に広める企業も多いでしょう…

【企業事例】台湾資本傘下での経営再建を決断したシャープ

経営不振に陥っていた、大手電機メーカーのシャープ。 台湾資本傘下での経営再建を決断した、と発表がありました。 経営不振に陥っているシャープは、国と民間が作る官民ファンド「産業革…

【政治事例】マイナス金利導入を決断した日本銀行の思惑

お金を借りたら利息を払うのは、常識中の常識。 でも、お金を貸すと利息を取られる、お金を借りると利息がもらえるのが、マイナス金利の意味です。 すでに、様々な形で「マイナス金利」とは?とい…

【政治事例】2016年参議銀議員選挙での関西有権者の決断とは

選挙結果の個別選挙区、全国の結果については、すでに報道がされているとおり。 でも、関西地区という切り口で見ると、全国の結果とは違ったものが見えてきます。 それは、関西人が民主党にノーを…

【事例に学ぶ】韓国大統領罷免にみる「衆知を集めた全員経営」の大切さ

韓国で朴大統領の弾劾が決定されたニュース。 そうなるだろうな、という予感はありましたが、憲法裁判所8人の裁判官全員が 賛成という決定には、衝撃を受けました。 トップは孤独であると言わ…

【政治事例】2016年台湾総統選挙に見る、国民の決断

台湾というと「親日国」のイメージが強いですね。 韓国や中国が反日一辺倒なのに対し、一歩引いたかたちで日本のことを見守っています。 東日本大震災では多くの義捐金を寄せていただいたことでも…

【政治事例】トランプショックは、今後どうなるのか

トランプ候補がまさか大統領に選出されるとは! 世界の株式市場が乱高下したことで、そのショックの大きさがわかるというものですね。 選挙期間中の過激な発言を観ると、「良識」ある人からすれば起こ…

【政治事例】オバマ大統領のヒロシマ訪問の決断を促した補佐役たち

今回のオバマ大統領の広島訪問、素直に歓迎したいと思います。 オバマ氏は2009年4月のチェコの首都プラハで「核兵器なき世界」を提唱した演説で、ノーベル平和賞を受賞しました。 世界一…

【企業事例】「組織の三菱」に見る、トップの暴走を防ぐ人事戦略

「組織の三菱」は、組織の決断力を維持するためにどのようなトップ人事をしているのでしょう。 企業が大きくなり、サラリーマン経営者が続くようになると。 トップ人事のルール化がとても重要にな…

【事例】2016年を決断事例で振り返る

2016年は、政治上で大きな決断事例が相次ぎましたね。 政治家の決断としては、アメリカのオバマ大統領の被爆地ヒロシマ訪問。 賛否両論あるなかでの決断は、実は補佐役がお膳立てしたからこそ…

【事例】マエケンの大リーグ移籍を容認した、広島カープの決断に想う

 プロ野球 広島東洋カープの前田健太投手が、自身のブログで球団から大リーグ移籍を認めてもらったと発表しました。 球団からの正式発表はまだですが、今週中にも発表されることでしょう。 …

【決断事例】北方領土返還を決断しなかったプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領の訪日。 北方領土返還交渉、平和条約締結に向けて、とても期待が高まっていましたね。 でも、結果としては一歩前進したとはいえ、日本国民の期待に十分応える合意にはい…

【事例】頑張れ!FA宣言を決断したプロ野球選手たち

 10日は、プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言の締切日でした。  宣言したのは、6選手。 脇谷亮太(西武) 田中浩康(ヤクルト→宣言後残留) 高橋聡文(中日) …

【企業事例】マクドナルドに欠けている「組織としての実行力」

 マクドナルドが苦しんでいます。    また異物が混入して。  しかも、複数の店、複数のメニューで。  怪我をした子供も出ているようです。    昨年の夏のチキンナゲットの肉事…

【事例】阪神タイガース金本監督に見る「ベテランに仕事を任せる決断力」

2016年7月24日の試合で、金本監督が鳥谷選手をスタメンから外す決断をしました。 今日の関西のスポーツ誌は、一面でこのことを伝えています。 「金本ついに決断!鳥谷スタメン外れた」 …

【企業事例】サムソンの社名非表示の決断

サムソンが新しく発売するスマートフォンから、社名を削除するという決断をいたしました。 地下鉄でポスターを見ましたが、どこにも「サムソン」「SAMSUNG」の文字が見当たりません! 普通…

【企業事例】景気回復期の「決断力戦略」とは

2014年度3月期決算の発表シーズンですね。 流通・食品業界は2月決算が主流ですので、すでに決算発表が終わりました。  多くの企業が大幅に利益を向上させているのですが。 業績悪化…

【政治事例】小池東京都知事誕生の秘訣は「即断力」だった

2016年7月31日に行われた、東京都知事選挙。 小池氏の得票数は、他の候補を圧倒しました。 小池氏の290万票に対し、増田氏は180万票、鳥越氏は135万票。 有力候補2人の合…

【政治事例】直接民主制の限界を見た2016年

 日本人は、「直接民主制」と言うと、良いイメージやあこがれを持つ方が多いと思います。 国家元首や首相を直接選ぶことができることは、素晴らしい! ほんとうにそうなのか?と思えることが、今年は…

【企業事例】13億人の市場を捨てた日本触媒

 姫路に本社を置く、日本触媒の決断です。 中国市場を捨てるとは、思い切った決断です。 10年ほど前は、13億人の市場と持て囃し。 中小企業までが こぞって進出しました。 …

【政治事例】直接民主制の限界を見た、2016年イタリアでの国民投票

イタリアで、憲法改正法案が国民投票で否決され、首相が辞任表明する事態となっています。   イタリアは、少数与党による連立政権と、短い政権担当期間がずっと続き、その結果…

【政治事例】イギリスは、EUからの「独立」を決断した?2016年

私がいつも申し上げていることのひとつ。 「決断とは、論理と感情の間を揺れ動く」。 今回のイギリスのEU残留の可否を問う国民投票の結果は、まさにこの言葉どおり だったと感じています。 …

【あなたの決断事例】オゾン層を破壊しない洗浄機を創る!

第一号の寄稿者は、株式会社サワーコーポレーション創業者の、澤入 精(さわいり ひとし)様です。 澤入様のご決断は、株式会社サワーコーポレーションの設立です。 オゾン層を破壊しない液…

【企業事例】「不都合な事実」を受け入れる決断をするために

 今日は、東日本大震災発生から満五年ですね。 追悼や関連する番組や報道が、先日から続いています。  大地震や原発事故という「不都合な真実」を受け入れる決断は…

【決断事例】あなたの決断事例を教えてください!(投稿募集)

投稿の募集をいたします。 あなたの決断事例を教えてください!   どんなことで悩み、どういう決断を行ったのか? その時の気持ちを、どんな経過をたどったのかを教えてくだ…

【企業事例】「本当のことを言う」決断を促すために(野球賭博問題)

我が家の近くで、早咲きの桜が満開になりました。 ソメイヨシノの開花はまだですが、春が近づいていることを感じることが出来ました。    その一方で、残念なニュースもあ…

【企業事例】ジレンマを救った「1円の請求書」に込めた決断の実話

   相反すること、板挟みになること、ジレンマに陥った時、 あなたならどうしますか? その解決策として、私がまだ20代の頃に経験した実話をお話しします。 …

【政治事例】2015年大阪ダブル選挙に思うこと

全国でセミナーを行っていて感じること。 皆さん、大阪の政治状況、橋下氏のことについて、とても関心が高いのです。 橋下氏の言動は、いまや日本の政治を大きく動かすパワーを持っています。…

【企業事例】軽減税率で自民党に決断を迫った公明党

消費税は、現在成立している法案では 2017年4月から10%に引き上げが予定されています。 引き上げる際に導入する軽減税率をどうするのか? 自民公明両党は、税率2%分を据え置く対象…

【企業事例】2015年春闘に見る決断力

今年の春闘では、大幅なベースアップを回答した企業が目立ちました。 バブル期以降では、最大の賃上げ率になったところが多いようですね。 横並びで回答するのも、1つの決断です。 政治の要請…

【企業事例】マクドナルドの反転攻勢には決断力がポイント!

日本マクドナルドの業績が低迷しています。 フランチャイズオーナーからも、どうすればいいのか?という悩みが寄せられています。  どんな企業にも 衰退期が訪れます。 これま…

【企業事例】老舗の味を変える決断力と実行力

定番商品の中身を変更する決断は、とても難しいです。   新しいお客様を開拓したいのだけど。 これまでの御贔屓様に嫌われないだろうか。 勘定と感情が交錯します。  …

【政治事例】東京オリンピックを巡るゴタゴタの背景にあるものとは?

 東京オリンピック開催に向けて、様々な準備が進められています。 その一方で、ゴタゴタも報道されています。 新国立競技場の建設に、2610億円もかかるのは、なぜ? エンブレムのコピー疑惑は…

【企業事例】オリックス森脇監督の「やる氣を引き出すリーダーシップ」

オリックスの森脇浩司監督のリーダーシップの番組を見ていました。 選手に分け隔て無く声を掛けて、選手のヤル氣を引き出します。 「選手にはランクがあるが、人間性には差が無い」 具体的な…

【企業事例】不振企業には決断力が不足している

 本来、経営とはたゆまざるイノベーションを行うことだと思います。 ところが、管理や効率化が経営の主題となると、マネジメントそのものがルーチン化します。 その結果として、業績や活力…

【事例】テスト生としてキャンプインすることになった木村昇吾選手の決断

今日から、プロ野球もキャンプインですね。 2016年のシーズンに向けて、本格的に始動します。 今年のキャンプには、「特別な立場」で参加する選手が1人います。 今日は、その選手の決…

【決断事例】日本将棋連盟に見る、トップが行う2つの決断

1月18日、日本将棋連盟の谷川浩司会長が、辞任を発表しました。 組織の混乱を招いたことに対する、引責辞任です。 経緯をご存知無い方のために、かいつまんでお伝えしますと。 対局…

政治や企業の決断事例に学ぶ

webでできる決断力診断!

無料でお試しいただけます。

20の問いにお答えください。

1分でできる簡易版はこちら

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

「持ち味」を活かす経営

女性管理職・士業の方へ

自治体研修

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

40代の危機を乗り越える決断力

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

歴史に学ぶ決断力

持ち味の事例紹介

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

コラム

就活決断力

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面