コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

HOME» コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修) »【コンサル】スタッフのやる氣を高める手法の引き合いが急増中です!

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

【コンサル】スタッフのやる氣を高める手法の引き合いが急増中です!

 スタッフのやる氣を高める手法の研修、コンサルティング、グループワークの引き合いが急増中です!

実績と内容はこちら。

先日訪問した製造業では、工場の若手社員がなかなか思うように働いてくれないとか。
本日訪問した企業では、販売会社同士を合併させたが、管理職の働きが思わしくないとか。

無断欠勤が多いし、スタッフ間のコミュニケーションもうまくいっていない・・・。
どうすれば、社員・スタッフのやる氣を引き出せるのか、人事部門のお悩みは大きいようです。
これ以外にも、お問い合わせをたくさんいただいております。

アベノミクスの波及と復興需要・東京オリンピック準備に人口減少があいまって。
日本社会は、これから人手不足社会になることが間違いありません。
デフレ時代のように 人を使い捨てにする経営では、働く人が集まらなくなります。
それなのに、「やる気の無い奴はやめてしまえ!」という根性論を捨てきれない中高年管理職が多いのも事実です。


働く人に「うつ」が多いのは。
自分が働くことの意義を見出せない人が増えているからです。
働くことの意義を見出すことが出来れば、人はやる氣になります。
傍で見ていると、なんでそんなに頑張れるのか?と思うような環境であったとしても。
本人は、嬉々として働くことが出来ます。


小学校6年生当時のイチロー選手は、1年に360日も野球の練習をしたそうです。
普通の子供でにやらせるとしても、途中で音を上げるのは確実です。
大人であっても無理でしょう。
でも イチロー選手に限らず、一流のアスリートと呼ばれる選手は、みな同じようなトレーニングを子供のころから重ねています。

それな「自分は絶対にプロ野球選手になる!」「自分はオリンピックに出場する!」という価値観を持ち。
その価値観の実現に向かって努力することは、苦しいことであってもひどい苦痛を感じないからです。


自分が大切にしている価値観を実現するためであれば。
人は、努力することが苦痛では無く、楽しみとすら感じるようになります。
大切なことは、押し付けるのではなく、本人の価値観とやって欲しい仕事の間に「見える線」を引くことです。


私は、人のやる氣を引き出す手法を 具体的にお伝えすることが出来ます。
人手不足社会では最も大切な経営資源である「人」を活かすこと。
そのお手伝いをさせていただきます。

研修例はこちら。

2015/03/04

コンサルティング型企業研修(オーダーメード研修)

最新情報

経営者・上級管理職の相談役として

公開セミナー

上司を補佐し、効果的に問題解決できる人財を育てる研修

「持ち味」を活かす経営

女性管理職・士業の方へ

自治体研修

実績

講師のご依頼(勉強会、経営者協会、商工会議所、青年会議所など

40代の危機を乗り越える決断力

決断力の構造

決断力養成web講座

出版事業

松下幸之助に学ぶ「持ち味経営」

政治や企業の決断事例に学ぶ

歴史に学ぶ決断力

持ち味の事例紹介

後悔しない人生を過ごすために決断力を高めたい方へ

コラム

就活決断力

過去に開催した公開セミナー

メールマガジンのお申込み

株式会社決断力 会社情報

お問合せ

株式会社 決断力

大阪事務所
〒570-0016
大阪府守口市大日東町4-b-303

東京事務所
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26メゾン青山2階

takashima@decision2007.com
TEL 080-4986-5603

管理画面